発酵食品で腸内環境を整える

乳酸菌やビフィズス菌がが腸内を整えるのに有効なのが有名ですが、最近は発酵食品も腸内環境を整えるのに有効であることが知られています。

腸内環境 発酵食品

免疫力の活性などの機能性が最近注目されている発酵食品は、菩玉菌を増やし、悪玉菌を排除して腸内環境を整える働きがあります。
腸の消化・吸収が良くなることで、発酵によって作り出された酵素や成分をしっかりと取り込むことができ、それらが腸を整えるという相乗効果が生まれます。

日本は知られざる発酵食品大国!

日本には味噌や納豆、漬物などはもちろん、季節や行事ごとに食べる食品もあります。
湿度の高い環境を活かして昔から各地域で様々な発酵食品が編み出されてきました。
毎日の食卓に積極的にどんどん摂り入れていきましょう。
でも気合を入れなくても大丈夫。
和食を食べれば、あまり意識してなくてもも自然に発酵食品を摂ることになります。

和食を見直してみる

乳酸菌

乳酸菌

[含まれる食品]
チーズ、ヨーグルト、みそ、しょうゆ、ぬか漬、キムチ、サワークラウトなど
[特徴]
乳酸菌の種類は300種類以上。食品の種類によって繁殖する乳酸菌はいろいろ。
糖質を分解して乳酸を生成します。腐敗を防ぐ働きがあり、悪玉菌の増加を抑える効果があります。

納豆菌

納豆菌

[含まれる食品]
納豆
[特徴]
納豆菌は酸に強い特徴を持っているので、胃酸にも負けず腸内に到達することができ、悪玉菌の繁殖を防ぎます。
納豆菌が作り出す酵素ナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液をサラサラにします。

酢酸菌

酢酸菌

[含まれる食品]

[特徴]
酢はビフイズス菌の増殖を促進します。酢酸はエタノールを酸化することで生成されます。
酸っぱいのが苦手な方は、炒め物や煮物などにちょっと入れると気にならないでしょう

麹菌

麹菌

[含まれる食品]
みそ、しょうゆ、米酢、?漬け、甘酒など
[特徴]
蒸した穀物などに繁殖し、デンプン、タンバク質を分解する酵素を生産する菌。
カビを用いた発酵食品は東アジアから東南アジアなどにりますが、麹菌を使うのは日本だけです。

酵母菌

酵母菌

[含まれる食品]
ワイン、日本酒、パン、魚醤など
[特徴]
糖をエタノールと炭酸ガスに分解します。
炭酸ガスが増えると他の多くの微生物は存在できなくなるので、悪玉菌の抑制効果があります。

▲ページトップに戻る