腸内環境悪化による口臭・ニキビや吹き出物

腸内環境悪化による口臭・ニキビや吹き出物

口臭

自分では気づかないお口のにおい。あなたは大丈夫ですか?
誰かと話していて口臭の原因はいくつかあります。

腸内環境悪化

大まかに分けて、口の中が原因の口臭、摂取したものが原因の口臭、内臓が原因の口臭に分けられます。

  • 虫歯や歯周病など口内に原因がある口臭
  • ニンニク、お酒、たばこなど、摂取したものが原因の口臭
  • 胃、腸、腎臓、肝臓、肺など内臓からくる口臭

腸内環境悪化で内臓からくる口臭

歯磨きやお口のケアはきちんとしている、臭いの出る食べ物を食べたわけでもない、それでも口臭が取れない人は、内臓からくる口臭をかもしれません。
内臓が原因の口臭の場合は、いくらうがいをしても、口臭スプレーをしても消えません。
心当たりのある人はその臓器を治すのが口臭改善の根本的な解決になります。
口臭の原因は以下の3つです。

  1. 肝臓

口臭

臭いの特徴

内臓が原因の口臭は、独特なにおいがします。
原因となる内臓によってにおいは違いますが、どれもかなり強烈な臭いのことが多いので要注意です。
重大な病気が隠されていることも考えられますので、根本的な解決として、原因となってる臓器を治しましょう。

ドブの臭い胃からくる口臭
雑巾の臭い胃からくる口臭
卵の腐った臭い腸からくる口臭
アンモニア臭肝臓からくる口臭

腸からくる口臭のしくみ

腸内環境の悪化が影響している「腸内口臭」のしくみをご説明します。
腸内の悪玉菌が優勢になると、腸内のたんぱく質や脂肪が分解されなくなり、腐敗してやがて有毒ガスが発生します。
有毒ガスは便やおならとして体外に出されますが、一部は血液に入って身体を巡り、最終的には肺から呼吸によって体外に出されます。
腸の有毒ガスが口から出るなんて考えただけでもぞっとする話です。

腸内の悪玉菌が優勢になる
      ▼
腸内のたんぱく質や脂肪が分解されなくなる
      ▼
腸内のものが腐敗して有毒ガスを出す
      ▼
一部は血液に入って身体を巡る
      ▼
肺から呼吸によって体外に放出される
口臭でお悩みの方はおならも臭い?
このように、腸内ガスは息としても放出されるので、腸が口臭の原因になってる人はおならも臭いことが多いようです。

腸内環境悪化によるニキビや吹き出物

ニキビや吹き出物

洗顔やニキビ薬を使用しても治りにくい、またすぐできてしまう。
そんな人は腸内の環境が悪いことが多いようです。
この腸内の悪化によるトラブルは、ニキビや吹き出物だけではなく、肌荒れも当てはまります。
最近化粧のりが今一つだなぁと思ってる方、便秘やお腹が張ったりしてませんか?
もし心当たりがあれば善玉菌を増やし、腸内を健康にするよう心がけましょう。

どうして腸内環境が悪くなるとニキビや吹き出物が出るの?

ビタミンB群の合成が妨げられる

腸内に悪玉菌が増え、善玉菌が減る状態になると、皮膚の健康を維持するビタミンB群の合成がしっかりと行われなくなります。
そのことにより皮脂分泌を抑えられずにニキビや吹き出物などが出る一つの要因となります。

免疫力低下

口臭

もう一つの原因として腸内環境の悪化は免疫力を低下させます。
健全なときは防いでいたはずのばい菌もブロックできないようになり、肌の調子が悪くなります。
私は便秘をしているときは決まってアゴの周りにニキビができていました。

活性酸素による影響

腸内環境が悪くなると、活性酸素が過剰に発生します。
活性酸素は皮膚を酸化させ、肌の細胞を傷つけたり、ニキビができやい状態にします。

ターンオーバーがうまくいかなくなる

腸が悪くなると新陳代謝が悪くなり、いわゆるターンオーバーの周期が乱れます。
腸内で発生した有毒ガスが排出させず血液の中に入り、体中に運ばれます。
新陳代謝の低下は治癒再生能力も悪くさせます。
解決策として根本的に腸の状態の改善を目指しましょう。
>>腸の状態を健康にするには<<

腸内環境改善におすすめする乳酸菌紹介はトップページで紹介しています。

▲ページトップに戻る